脇毛やムダ毛に対する考え方が違う世界の国

世界の国々によっては、脇毛やムダ毛に対する考え方もそれぞれ違います。
アジア地域、中国では、脇毛を剃らない女性もいます。
欧米では男女ともにアンダーヘアを処理するのが一般的だったり考え方の違いは、大きく分かれます。
国が変われば考え方も美的意識も違いますね。

各国によって習慣は、違います。
そもそもムダ毛を処理するという習慣がない国もあります。
例えば、毛を剃ると身体に悪い、自然に生えてきたものを剃る必要はない、脇毛は、セクシーの象徴と色々と、習慣や考え方は、あります。

ムダ毛に対する認識には、基本的に、欧米文化ではムダ毛処理が一般的で、非欧米文化ではムダ毛処理はしていません。
昨今中国でも、経済成長と欧米文化によってムダ毛処理が広がっていくかもしれません。

日本人の場合は、1970年くらいまでは脇毛を処理していない女性は、多くいました。
70年代以降に欧米文化の影響で大半の日本人女性が脇毛を剃るようになりました。

しかし、フランス イタリアなど南欧系の国でも 処理していない人は、います。
ドイツでは自然主義があって、自然なものであるから失くす必要はないと思う人々もいます。

個人的には、周りの視線が気になる、ムダ毛がないほうが魅力的、男性にモテない、個人的な感覚、美的による考え方で処理するしないは、個人の違いによることの方が多いと思います。
ちなみに宗教的な理由やマナーの為に脱毛してしている人もいます。

脇毛の処理も 長年の習慣や文化、個人の考えですから それが良いか悪いか 見苦しいかどうかは それぞれの国の人々の価値で判断されるでしょう。

例えば女性が裸を男性に見られたとき 日本人は下を隠すが 西洋人は胸を隠す?価値観は様々ですよね、

日本人は、ムダ毛がないほうが魅力的、男性の目線が気になる、ムダ毛のないツルツルな肌への憧れ、特に日本の若い女性には、強い願望です。
なので今現在の日本の文化では、ムダ毛や脇毛の処理は、マナーなのかもしれません。

欧米では、陰毛は全剃りが、一般的で男性も女性もみんなツルツルです。
特にラテン系の人々は、肌の露出が多いので、ムダ毛には敏感です。

欧米の人々は、陰毛を生やしたままにしている日本人には、ビックリするらしいです。
日本人の黒の縮れ毛は、とてもグロテスクに感じるようです。

日本では、陰毛の処理をしっかりしている人もいますが、全毛処理でツルツルは、あまりいません。
陰毛以外のムダ毛は、夏の時期の脱毛サロンの繁盛を見ても処理することは、当たり前の様な風潮です、
脇毛は、美しい脇を目指す為には、脇毛処理は必須ですから今は、脇毛のないことが、習慣なのでしょう。

この先何年かするれば、日本人も陰毛は、男女共に全剃り処理する時代が、来るのかなぁ~!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です